夏休み木工教室2021

毎年恒例の夏休みの木工教室の季節なのですが、群馬県でも、この数日で急激にコロナの感染者数が増えたため、まん延防止等重点措置が適用されることとなりました。

このため7月分は無事に開催できましたが、8月に予定されていた木工教室は、中止若しくは延期と相成りました。残念ですが、仕方のないことですね。

参加を予定していてくれた小学生の皆さん、ここまで準備をしてくれていた児童館、公民館、前橋文学館の方々、どうもありがとうございました。また次回があることを楽しみにしています。

7月開催の木工教室の様子
7月開催の木工教室の様子

若年者ものづくり競技大会2021

今年は、愛媛県松山市の愛媛県武道館にて8月4日、5日に第16回若年者ものづくり競技大会が行われました。昨年は、コロナの為に中止になりましたが、今年は対策を講じて無事に開催されました。

私は、現地での木材加工競技の運営の手伝いをしに行って参りました。

木材加工競技では、二十歳以下の選手がほぼ手加工で、のこぎり、かんな、のみ、玄能(金槌)、等の道具を駆使し、ホゾ加工等も含む課題の製作に挑みます。たくさん練習しないと、とても制限時間内には終わりません。

今年は、参加選手全員が、時間内に完成品を提出していました。皆さん、お疲れさまでした。

競技会場
競技風景
愛媛県武道館

富岡製糸場西置繭所における場と表現

富岡製糸場西置繭所にて開かれていた、上州文化ラボ の展示「富岡製糸場西置繭所における場と表現」に使用した、資料などを並べる展示台の脚部を製作しました。

去年、西置繭所の保存整備工事が完了し、以後フリースペースのような空間として使われています。当時の建物の構造も見えつつ補強してあって、素敵な場所でした。

製作した脚も、場所の邪魔をせずに、空間に馴染めているような気がしました。

ぐんまアビリンピック2021

今年もアビリンピックの群馬県大会が開かれました。アビリンピックは、障害のある方が選手として参加する技能競技大会です。

星の家具では、競技委員として木工競技の運営のお手伝いと、競技用材料を支給しました。

競技は、木工Aと木工Bの二種類に分かれており、Aは天蓋(ふた)付きのA4サイズ程度の箱、Bは天蓋の無いものを制限時間内に製作します。主に手加工で、のこぎり、かんな、のみ、玄能(金槌)などを使用します。

木工Aの金賞になった選手は、全国大会に出場できます。

毎年同じ感想になりますが、頑張っている若い子の姿を見ると元気が出ますね。

水引き用のボロ布を新調する

家具を作る過程で、水引きという作業があります。水分を含ませた布で、各部材の表面を水拭きする事でふやかし、カンナがけやサンディングで、加工途中に付いた傷や墨線などを消し易くする工程です。

どうと言うことのない、ただの布切れなのですが、かれこれおそらく6〜7年は同じ物を使っていました。取り換えるタイミングを完全に見失っていました。テロテロのパンツの替え時も同様に見失いがちです。

令和も三年目に入り、丁度よい丈夫そうな布も手に入ったので、いよいよここらで変えましょうという気になりました。

新旧水拭きの布

もはや穴の面積の方が大きい気がします。H

令和三年も、よろしくお願いします

昨年は、家具業界も少なからず新型コロナの影響を受けました。まだしばらく厳しい状況が続きそうですが、年も新たに気分を入れ替え、いろんなことに挑戦してみたいと思っています。H

つかまり立ちができるようになったら、初めてのおすわりに…
子どもの箱いすentoは、お子さんが舐めたりかじったりしても安心な天然素材で出来ています

夏休み木工教室

令和二年の夏休みは、コロナさんのせいで三週間しかなくなるし、外出するのもはばかられるし、友達とも遊べないしで、子ども達にとって、あまり良い思い出も作れなかったのではないでしょうか。

例年、夏休みになると、児童館などで小学生に向けた木工教室の講師をさせてもらっています。今年は七月分は延期か中止になりましたが、八月はコロナ対策を行った上で開催されました。

密を避けるために人数を制限したり、グループで使っていた作業台を、一人ずつ使える小さな作業板に変更しました。

友達との距離を取り、マスクをしたままで、おしゃべりもできず黙々と工作しているので、楽しんでもらえたか、いささか不安もありましたが、あっという間に今年の夏休みの木工教室は終わりました。木工教室が良い思い出になってくれたら嬉しいのですが。

来年の課題は何にしようか、また考え始めます。H

白米を練った続飯糊(そくいのり)で貼り付け
おでん四本
みんなで練る
自作の見本。子どものと比べると勢いが足りない

ぐんまアビリンピック2020

アビリンピックは、障害のある方が、日ごろ培った技能を競う大会です。

開催が危ぶまれましたが、当初の予定の7月から8月に延期することで、何とか行う事ができました。
私は、木工競技の競技用材料の提供と、運営の手伝いをしてきました。
無観客、開会式なし、表彰・閉会式もなしという簡素な大会でしたが、出場した選手の課題の出来映えは見事なもので、コロナの影響下でもしっかりと練習を積んできたことが分かりました。H

仕口について、その一(ほぞ)

古い中国の言葉に「臍を噛む」というものがありますが、この「臍(ホゾ)」と木材加工のホゾとは別物です。 「臍を噛む」 の「臍」は「おへそ」のことです。木工で言うところのホゾ加工とは、複数の部材を組み合わせる際に、それぞれに凹凸の加工を施し差し込むことで、強い接合を得ることができる加工のことです。

 釘やネジやダボを使用しない加工法としてよく用いる方法です。出っ張ってる方をオス、へこんでいる方をメスと呼びます。

ダイニングテーブルの各部材(天板以外)

 加工する位置と、はめ合いの固さがとても重要なので、正確に墨付け(位置だし)をして、慎重に加工します。緩いとグラグラ、キツ過ぎると木が割れることもあります。理想は、ハンマーで叩いて入るくらいの適度なキツさです。それも柔らかい木と堅い木によって変えます。

 ホゾ先は、角をとって穴に入り易くすると同時に、先端で接着剤を穴の奥にしごいてしまわないようにします。

小根付きホゾの接着

オスとメスの両側に薄く接着剤を塗り伸ばし、しっかりと叩き込んだのちに、クランプ等で数時間圧締して接着剤が固まるのを待ちます。この様な仕口で組まれた家具は、すこぶる頑丈でそうそう壊れるものではありません。 H

ミルクカゼイン接着剤で家具を作る

 ミルクカゼイン接着剤は強アルカリ性のため、タンニンを含む樹種は、黒く変色します。また、木材の硬さが増すと木破率が大きく低下するので、軟らかめの木材の方が使用に適しています。(木破率とは、接着した木材に力を加えた時に、接着面ではなく木材自体が破壊する率)

 接着力は、一般的な白の木工用ボンドと同程度なので、家具作りには問題ないと言えます。

ミルクカゼイン・消石灰・重曹・硼砂の粉末と、適量の冷水を素早く溶き、ねっとりするのを待つ。一時間程度待ち、ねっとりして来たら双方の接着面に十分接着剤を塗布し、ハタガネ等でしっかり圧締します。塗布後の手順は、ほかの一般的な接着剤と同様です。

写真の箱いすentoの素材はシナです。シナも接着剤の触れた箇所は茶色に変色するので、注意しながらの作業です。