ミルクカゼイン接着剤で家具を作る

 ミルクカゼイン接着剤は強アルカリ性のため、タンニンを含む樹種は、黒く変色します。また、木材の硬さが増すと木破率が大きく低下するので、軟らかめの木材の方が使用に適しています。(木破率とは、接着した木材に力を加えた時に、接着面ではなく木材自体が破壊する率)

 接着力は、一般的な白の木工用ボンドと同程度なので、家具作りには問題ないと言えます。

ミルクカゼイン・消石灰・重曹・硼砂の粉末と、適量の冷水を素早く溶き、ねっとりするのを待つ。一時間程度待ち、ねっとりして来たら双方の接着面に十分接着剤を塗布し、ハタガネ等でしっかり圧締します。塗布後の手順は、ほかの一般的な接着剤と同様です。

写真の箱いすentoの素材はシナです。シナも接着剤の触れた箇所は茶色に変色するので、注意しながらの作業です。

新商品合同記者発表会に出ます

10月28日(月)14時~16時まで、前橋テルサ9階つつじの間にて行われる、前橋東部商工会の主催する合同記者発表会で、星の家具の新製品「ento」を発表することになりました。 「ento」は、これまでのうちの定番商品であった箱いすを、木材、塗料、接着剤などの材料を見直した、すべて天然素材の新しい箱いすです。 発表会の詳しい内容は、こちらをご覧ください。 H