ものづくりスタジアム、やりきりました

前回の告知の通り、2月19日(土)に高崎市のGメッセ群馬にて「ものづくりスタジアム in Gメッセ」が開催され、たくさんの人が足を運んでくれました。

対象は小学生でしたが、参加者の多くは親子で一緒に楽しんでくれました。普段使い慣れないかなづちやノコギリ、電動ドリルなども駆使し、小物入れを作っていました。

-サンプル作品、当日はネコの色付けは無し-

運動会や修学旅行、あれもこれも中止や延期や簡略化で、子どもたちは退屈な日々を過ごしていたでしょうから、このような行事が無事に開催できたことは、とても良かったと思います。

ものづくりスタジアムin Gメッセ

「未来をつくる!モノづくりプロジェクト」

来る2月19日(土)に、Gメッセ群馬にて、小学生を対象としたものづくりイベントが開催されます。

星の家具は、工房集団ものづくりの穴として、のこぎりやかなづちを使って木の小物入れ作りを行います。

詳しくは、「群馬 振興コーナー」で検索!

小学生と箸づくり

前橋市の粕川公民館で、小学生の親子が対象の箸づくり教室の講師をしました。

カンナで木を削って自分用のお箸を作りました。子どもの力だと、一膳削るのに15分くらいかかりましたが、誰も途中で投げ出さず、最後まで削って完成させていました。小さい体で大変そうに見えましたが、実は楽しんでくれていたのでしょうか。

親御さんたちも、カンナを使ったことはあまりなかったようで、子どもと一緒に真剣に取り組んでくれました。

おまけに箸置きを作って、箸と箸置きにオイル塗装を施しました。

並榎中学校にて講話致して候

高崎市の中学二年生を対象に行われている体験活動「やるベンチャーウィーク」の一環で、並榎中学校にお邪魔して、「木工職人として」のお話をしてきました。

例年は、中学生が事業所などに赴いて社会体験をしていました。今年はコロナの感染予防のため、学校内でできる活動にとどめると言うことで、体育館での講演と、建具職人の方の準備した組子製作を行いました。

自分が中学生だった頃のことを思いながら、少しでも将来に希望を持ってもらえるような話を心掛けました。でもウケたのは、海外協力隊時代にジャマイカでウサイン・ボルトに会った話でした。

現代の中学生はもっと生意気かと思ったら、みんなとてもいい子達でした。

夏休み木工教室2021

毎年恒例の夏休みの木工教室の季節なのですが、群馬県でも、この数日で急激にコロナの感染者数が増えたため、まん延防止等重点措置が適用されることとなりました。

このため7月分は無事に開催できましたが、8月に予定されていた木工教室は、中止若しくは延期と相成りました。残念ですが、仕方のないことですね。

参加を予定していてくれた小学生の皆さん、ここまで準備をしてくれていた児童館、公民館、前橋文学館の方々、どうもありがとうございました。また次回があることを楽しみにしています。

7月開催の木工教室の様子
7月開催の木工教室の様子

小学生が木工教室で作るカレンダー

今年の夏休みの小学生向け木工教室の課題が出来ました。

毎年一つ新しいものを考えるのですが、形になるまでにかなり悩みます。今回も試行錯誤を繰り返して、ようやく永久カレンダーの完成に至りました。

木工教室では、かなづちとノコギリは必ず使わせるようにしています。普段触れる機会が少なくて、木工らしい道具で、子どもでも使える道具かなと。

参加する子どもたちが、どんな作品を作るのかと想像しながら準備をしています。ですが、毎回私もびっくりの、予想をはるかに上回るものを生み出してくれるので、今年も楽しみにしています。

児童館で親子木工教室

前橋市の児童館にて、親と子のペアが対象の木工教室があり、講師として参加してきました。

夏休みに開かれる、小学生の木工教室は毎年やらせてもらっているのですが、親子が対象の木工教室は初めてでした。どんな物を課題にするか悩んだのですが、思い切って難易度を上げて、収納できるスツール(キャスター付き)にしました。

参加者の皆さんは、約2時間、普段あまり触れることのない大工道具を駆使して、頑張って作っていました。全員、課題を完成させて持ち帰れたので、良かったです。

参加してくれた皆さん、児童館の職員の方々、ありがとうございました。 H